京都人は得?

生まれてから、25年間を京都で過ごした。

結婚し、九州に来て、気づいたこと。

どうも、京都人は、特別視されている・・・らしい・・・ということ。


まず、すぐに出身がばれる。
タクシーに乗ったら・・・

運転手さん:お姉さん、関西の人?

私:あ、京都です。

運転手さん:ああ、やっぱりねえ。しゃべり方が全然違うな。

私:はははー(乾いた笑い)。


別の日、家の前を掃除していたら、近所のおばさんが話しかけてきて、どこから来られたの?と聞かれるので、京都と言ったら、

「んま~、京都!
 そんな位の高い所から~高貴なお方が~」って(笑)。

いやいや(恥)。

だんだん自分が京都出身というのが、恥ずかしくなってくるんです。


教習所の教官も、どうも他の人との対応の仕方が違うのです。

特に男の人には、京都弁が心地よいみたいなのです(笑)。

困ったよ、普通に話ができないやんか~。


オットは、その男の気持ちは分かると言ってました。
自分も九州に来たての頃、九州弁を話す女の子がすっごく、かわいく思えたそうな。

そのうち、慣れたらしいのだけど・・。


私はすっかり、長崎弁に慣れてるつもりなんだけどなあ・・・。

京都に帰ったら帰ったで、何か訛ってるって言われるし・・・(苦笑)。


お~い、みんな早く慣れてね~
私の京都弁に。


2003/5/31(sat)
[PR]
# by smile-nonchi | 2007-11-26 23:15 | 日々のあれやこれや

対決!ゴキ!!

それは、二年前の夏。
私は、妊娠5ヶ月で、切迫流産で三週間の入院を終え、退院してしばらくしたある夜。

いつものように、10時には眠りについていました。

夜中、脇の下を、つーつーと冷たいモノが流れる感触。

あ、汗かいてる・・。

また、つーつーと冷たい感触・・・そしてがさごそっ!

なーにーっっっつ!!!!

飛び起きました!!!

黒くてピカッと光る背中を見せながら、彼は一目散に去って行きました。

オットをたたき起こし、退治してもらいました。

何の断りもなしに、妊婦の体を這いずり回るとは・・・許せん!このぉぉぉ~!



オットは、以前インド旅行中に彼にやられています。

ラッシーを朝食に飲んだ時、彼の足が入っていたらしく、直後から下痢の嵐。

さらに、下痢止めで飲んだ薬に当たり、死にそうに・・・走馬灯のように、今までのことがぐるんぐるんしたそうです。


去年は、生まれたてのひいの布団すれすれを、ゴキがゆうゆうと歩いていました。

見た瞬間、母は、怒り!!
即効、オットを呼んで(自分ではしない)、退治!

その頃、あまりにゴキが出没するので、虫嫌いに私たち夫婦、退治も嫌気が差し、一匹やっつけるたびに100円の、報奨金制度としていました。

 
今年は、見ておれ~!!

息巻くのんち家☆


2003/5/8(thu)
[PR]
# by smile-nonchi | 2007-11-26 23:14 | 日々のあれやこれや

鶏肉克服作戦!

実は、私は鶏肉が苦手である。

って、鶏肉だけじゃない。
肉類は全般に、進んで、好んで食べようとは思わない。

豚肉>牛肉>鶏肉の順に何とか食べる。

どっちかっていうと、魚が好き。


でも、結婚してから、そうも言ってられなくなった。

なぜなら、オットは「肉好き」である。
しかも育ち盛り?の、男盛りの30歳。

スタミナがつけたいらしく、魚料理が続くと、「なあ、オレ貧血みたいねんけどなあ。」と、暗に”肉が食べたい”ことをアピールされる。

仕方なく、肉料理を作るのだけど、自分があんまり好きじゃないので、おいしく出来上がらないのです(涙)。

オットは牛肉>豚肉>鶏肉の順に好むが、そうそう牛肉ばかりも家計を圧迫するので、食べていられず・・・。

・・・ということで、この作戦スタートとなりました。


私の鶏肉嫌いは長い。

小学校4年生の正月、突然に雑煮に入っていた鶏肉が食べられなくなり、それから何年も、食べずに過ごした。

高校生になり初めて、ケンタッキーで鶏肉のおいしさに目覚めたのだけど、やっぱり下味が濃ーーーくついてないと、食べられない。


こんな私だけど、いつか焼いただけ・・・・とか、煮ただけ・・・とかの鶏肉を食べられるようになる日はくるのでしょうか。

ちなみに、地鶏もあんまり・・・です。


2003/5/28(thu)
[PR]
# by smile-nonchi | 2007-11-26 23:13 | 日々のあれやこれや

バカな私。

今日はたまたま洗顔フォームが台所にあったので、お風呂から上がってから、台所で、顔を洗った。

素足で、何かを、むにゅって踏んだ。

ん?

あ、何か拾い忘れた、野菜のくずね。

向きを変えて、タオルを取ろうと足を動かすと、また、むにゅ。

ん?

ほうれん草みたいな、やわらかさ・・・・でも、今日はほうれん草食べてないのに・・・

顔を拭き、化粧水をつけて、めがねをかけ、「むにゅ」の正体を確かめて・・・

ぎゃ~!!!


なめくじでした。

二匹も・・・両方踏んじゃったよ・・。

オットを呼びに行き、「塩、そこに用意した。」って言うと、「はあ~?塩でなめくじは死なへんで。」と、こてんぱんに言われました。

塩はただ水分が抜けるだけらしい。砂糖でもおんなじ効果があるらしい。


オットが、台所用のアルコールをしゅしゅっとして、撃退。


ああああ。

これからごきぶりと対決予定だったけど、なめくじまで出てくるとは・・・・嫌だよぉ~(涙)。

もうやられっぱなしです。


2003/5/7(wed)
[PR]
# by smile-nonchi | 2007-11-26 23:01 | 日々のあれやこれや

一年三ヶ月。

ずっと、トンネルの中にいる気分だった。

でも、やっと、出口まで来れた感じがする。

いくらがんばってやっても、何か足りない気がしてた。

焦燥感。

でもやればやるだけ、なんだかボタンを掛け違ったみたいに、おかしくなって、悪循環だった。


今日、ひいとお風呂に入りながら、ふっと思った。

一年三ヶ月も経つと、湯桶で風呂の湯も飲めるし(!)、自分でスプーンを使えるようになり、私が言ってることも分かって、イッチョ前に怒ったりする。


すごいなあ。。


そして・・・私も、よくがんばったなあ。


里帰りもせずに出産し、産後一ヶ月から、家事に復帰。

育児サークルも作った。

ひいの入院&繰り返す風邪、断乳、オットの入院。

除去食もした。

ここには書けないこともまだまだある。



子の成長は目で見てすぐに分かるけど、私もそれなりに成長して、母らしくなってきたんじゃないかなって。


「すぐに肩に力が入る。」
それは、「若さ」って三歳年上のオットは言った。

う~、自分だって、そうだったのに、言われると悔しい(笑)。


でも、今日は階段を一つ上がった、そんな気分。


今日はよく寝れそう。


2003/4/13(sun)
[PR]
# by smile-nonchi | 2007-11-26 22:55 | 妊娠・出産・育児